赤ちゃんの時にマイナス思考の人はいない

赤ちゃんの時にマイナス思考の人はいない

赤ちゃんは、立って歩けるまでチャレンジする。
何十回、何百回失敗してもあきらめずチャレンジする。
あきらめていたら今立っていない。
絶対にできるという肯定的錯覚をしてチャレンジする。
自分の将来に対して否定的錯覚をしている人はそこで終わる。