補聴器が必要になったときに!

こんにちは、新型コロナウイルスで大変な時ですが予防などできることを頑張りましょう。

さて今回は補聴器が必要になったときに医療費控除を受けるための手続きのお話です。

医療費控除の対象に!

医療費控除を受けるには、補聴器を購入する前にまず、

〇補聴器相談医のいる病院で受診、問診、検査を受けてください。

〇補聴器相談医より「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」に記入をしてもらいます。

〇補聴器販売店にて、上記の提供書を提出して、補聴器を購入してください。

〇購入後、「補聴器適合に関する情報提供書(2018)」の写しと、補聴器の領収書を受取ってください。

〇その後確定申告にて医療費控除対象として申告をしてください。(注)

(注)補聴器相談医に、補聴器適合に関する診療情報提供書を書いてもらうときに、「補聴器を必要とする主な場面」という項目の(医師等による診療や治療を受けるために直接必要)にチェックマークを必ずもらいましょう。医療費控除にするために必要です。

 

 宮本

~医療費控除や税金のご相談なら三重県鈴鹿市の南部博税理士事務所まで~