「新型コロナウィルス感染症特別貸付」を利用した資金繰り対策をご検討ください!

今週のブログ担当の片山です。

季節はぽかぽかと暖かく過ごしやすくなってきましたが、新型コロナウイルスにより窮屈な日々となっていますことを心よりお察しいたします。

弊所でも、職員はマスクを着用したうえで、換気の徹底、アルコール除菌液の準備をし業務を行っております。

三重県の事業主様へ 「新型コロナウィルス感染症特別貸付」申請のお手伝いをしています!!

新型コロナウィルスの影響で、飲食業や観光業のみならず、多くの業種で売上高が減少している等、本当に深刻な状況です。

 

弊所としましても「新型コロナウィルス対策支援業務」として、緊急融資制度や持続化給付金の情報提供とお手続きの支援をおこなっております。

 

先日も、弊所のお客様で日本政策金融公庫様からの借入れのお手伝いをさせて頂きました。

4月9日にそのお客様から借入れに関するご相談があり、すぐに申請用紙を記入し必要書類を全て揃えて翌日の4月10日に日本政策金融公庫に書類を郵送させていただきました。その10日後の4月20日の21時ごろ、お客様あてに融資審査担当の方から電話があり、新型コロナウィルスの影響による今後の営業状況の見通しや資金使途等のお尋ねがあったようです。

 

本来であれば借入れ申し込み後、日本政策金融公庫に直接お伺いしての面談を経て借入契約という流れになりますが、緊急事態であることから早急に対応するため電話面談という形式になっているようです。

 

結果的にそのお客様は3,500万円の融資を受けることができ、大変喜ばれていました。

 

現状、日本政策金融公庫からの借入れについて、融資がおりるのが1カ月程度かかっているという情報も聞こえてきますが、早めに行動したことで申請から2週間足らずで借入契約をすることができました。

 

現在(令和2年4月24日時点)は信用保証協会を利用した民間の金融機関からの借入金についても同様の制度ができており、どちらも活用しやすくなっていますので、借入れをご検討の際は一度弊所にご連絡ください。

 

今後も、お困りのお客様に対して制度活用の支援をしてまいります。

新型コロナウイルス感染症の予防をしましょう!

マスク不足、アルコール不足と言われていますが、マスクやアルコールは補助的なものであり、一番の予防は「手洗いうがい」だそうです。

一日でも早く終息させるために、感染拡大防止に努めましょう。

(参考:厚生労働省 新型コロナウイルス対策より)

 

~新型コロナウイルス対策支援のご相談なら三重県鈴鹿市の南部博税理士事務所まで~